2007年09月21日

ブリードしてみよう! ![ブリーディングセット編]

それでは、実際にブリードしてみましょう!

下記のものを用意して下さい。

・飼育ケース ( ちょっと大きめの中型以上のケースがお勧め! )

・マット ( スマトラオオヒラタクワガタは、産卵木だけではなく、マットにも産みますので、孵化した幼虫がそのままエサとして食べられる良く発酵した無添加完熟マットがお勧め! )

・産卵木 2本くらい ( 樹種はクヌギでも子ならでも構いません。若干柔らかめのものがお勧め!カワラ材やレイシ材もいけますよ! )

・エサとなるぜリー ( 栄養価の高い高たんぱくゼリーがお勧め! )

用意が出来たら…

産卵木をバケツ等の容器に入れ、水を入れて沈めて下さい。
その際、重石等で浮き上がらないようにしっかりと水分をふくませませ、半日〜1日程度そのままの状態で置いておきましょう。

参考:この時使う水は、水道水でも構いませんが、もし、残留塩素等が気になるようでしたら、1〜3日位汲み置きした水を使うと良いでしょう!また、一般的に水道水は弱酸性になっていると思います。弱酸性が良いので、使う重石は、水質を変えてしまうようなものは避けましょう!(例えば、石灰岩等を入れると強アルカリ性になってしまいます。 )

こうする事で、産卵木の中にいるかも知れない害虫駆除や水分補給が出来ます。

漬け終わりましたら、そのままでは水分が多すぎるので、半日〜1日程度風通しの良い場所で余計な水分を飛ばして適度な水分になるよう調整して下さい。

どうしても害虫が気になるようでしたら、着け終わった後、ビニール袋に入れたり、ラップに包んだりして、電子レンジで5分ほど加熱し、中に入っているであろう害虫を完全に駆除しても良いです。
但し、強烈な異臭が発生しますので、十分な換気を心がけて下さい。


ここまで出来たら、いよいよセットです!!!


用意した完熟発酵マットを飼育ケースに入れ、すりこ木等の道具で3〜5cm程度の厚みでかた詰め(柔らかめの材程度)します。
こうする事で、マットなんだけど、材のようになり、産卵したい♀にとって産みやすくなります。

そしたら、3〜5cm程、かた詰めした上に先程の産卵材を樹皮を剥いた状態で置き、完熟発酵マットを入れ、指で押し込んで隙間を埋める感じで( かために詰めた時よりも若干柔らかめ )、上部が隠れるくらい埋めて下さい。

出来ましたか?
いいですか〜?

先程、産卵木の樹皮を剥きましたよね。
その樹皮を転倒防止の為、マットの上に乗せたら出来上がり!!!

あとは、交尾の済んだスマトラオオヒラタクワガタの♀を入れて蓋をして、暗くて静かな場所にて管理します。
この時のブリーディング温度は25℃前後が良いでしょう!


♀を投入後、1ヶ月位すると、飼育ケースの底に卵や幼虫が見えて来る事でしょう!
恐らく、この時点で、10〜20頭もの卵や幼虫が採れると思います。


そしたら、♀を取り出して、そのまま2〜3週間程、そのままの状態で管理します。


もっと幼虫を採りたければ、再度、上記要領で同じセットを組んだものに入れ、再度、ブリーディングして下さい。
これを繰り返す事によって、50頭以上もの幼虫が、採れると思います。
但し、余り採り過ぎても管理出来なくなりますので、自分の管理出来る範囲で、やるようにしましょう!
posted by スマトラ大好き! at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
dummy dummy dummy
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。